So-net無料ブログ作成
検索選択

尻毛の長右衛門 [鬼平]

尻毛の長右衛門〔しりげのちょうえもん〕
初出掲載誌 『オール讀物』 昭和五十一年ニ月号
文春文庫 『鬼平犯科帳(十四)』
TV 第三シーズン60話『尻毛の長右衛門』(92年3月18日放送)
脚本:久喜千彩子
監督:小野田嘉幹


鬼平犯科帳(十四): 14

鬼平犯科帳(十四): 14




鬼平犯科帳 第3シリーズ《第13・14話収録》 [DVD]

鬼平犯科帳 第3シリーズ《第13・14話収録》 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD


〔本のおはなし〕
丈余におよぶ大きな辛夷(こぶし)の木が、白い花をひらいていた

春の夜の闇の中で抱き合っている布目の半太郎とおすみの躰は、気味わるいまでに汗ばんでい、束の間の烈しい愛撫が終って、男の躰が離れようとするのへ、おすみは呻き声をもらし、

「いやだ、もう・・・・・・こんなところで、こんなことをするのは、いや、いや・・・・・・」

嫌だといいながら、女の双腕(もろうで)には恐ろしいほどのちからがこもっている

ここは、押上の報恩寺裏の、木立の中であった

「仕方がねえじゃねえか。いまのところ、こうするよりほかに、お前と・・・・・・」

「勝手なことばかり、いっているのだから、半太郎さんは・・・・・・」

「だって、お前・・・・・・いまの、おれたちの役目を忘れてはいけねえ。お前は、橋本屋へ引き込みに入っているのだし、おれは連絡(つなぎ)をしているのだから・・・・・・」

「わかっています」

「もう直きだ。な、もう直きだよ、おすみ。今度のお盗めがすんだら、おれは、お頭に、お前とのことを申しあげるつもりだ」

髪を直しているおすみの耳朶へ口をあてて、半太郎は軽く噛みしめた

おすみが低く唸り、半眼の顔を仰向けて、いまにも倒れかかるばかりになるのを抱きしめ、

「おい、大丈夫か?」

「ひどい人・・・・・・」

仕方もなく立ちあがったおすみが、

「今度のつなぎは明後日だねえ?」

「そうだ、押し込みの日もせまっているから、いちいち念を入れろ、と、お頭がそういいなさる」

「そのときも、夜になったら、此処へ来るの?」

「嫌か?」

「半太郎さんの、ばか」

おすみが半太郎の手をぴしゃりと叩き、木立から出て行った

半太郎、ためいきを吐いた

この近くの、本所吉田町二丁目にある薬種問屋・橋本屋伊兵衛へ盗みに押し込む夜は十日後にせまってい、いまが、いちばん大事な期(とき)だというのに、

(布目の半太郎ともあろう者が、こんな、だらしのねえことをしていていいものか・・・・・・)

舌打ちをしながら、半太郎は木立を出た

生あたたかく曇った夜の道に、もう、おすみの姿は見えなかった

布目の半太郎は、一年前に、尻毛の長右衛門の配下となった。それまでは、ずっと〔ながれ盗め〕をしており、諸方の盗賊の間をわたり歩いていたのだ

ちょうど二十八になった半太郎は、盗賊として充分のはたらきができる男で、つなぎをつとめるにはもったいないほどなのだが、そこは新参ゆえ、

「ま、今度はひとつ、我慢をしてくれ」

と、尻毛の長右衛門が、わざわざ念を入れたほどだ

(おすみの、あの躰は生得のものだ。躰の中に泥鰌が百匹も棲んでいやがる・・・・・・)

横川辺りの道を、提灯もなしに南へ歩みつつ、布目の半太郎の色白の細面に、こらえようとしてもこらえきれぬ薄笑いがうかんだ

いつの間にか、雨が落ちて来たが、それさえも半太郎は気にならぬ

汗は引いても、火照りは引かぬ顔や頭を濡らす春の雨が、こころよかった


尻毛の長右衛門は、駿河・三河・遠江の東海地方で盗めをすることが多い

尻毛一味の、江戸における本拠は、深川清住町の霊雲寺門前に近い万年橋の南詰にある

その一角にある〔利根屋八蔵〕という釣道具屋が、それであった

おすみを抱いた翌日

布目の半太郎は利根屋へ行き、前日の連絡の報告を長右衛門にした

「そうかい、そうかい。そんなぐあいならば、先ず大丈夫だ」

と、尻毛の長右衛門は、半太郎の報告を聞いて上機嫌になり、すぐに、酒肴を二階へ運ばせた

「まあ、ひとつ、おやり」

と、長右衛門が半太郎の盃へ酌をしてくれた

盃を重ねるうち、尻毛の長右衛門が、ふと、あらたまったように、

「こんなことは、古い手下の者にはいえねえので、新参、といってはすまねえが、お前の意見を聞きたいことがあるのだよ」

「へえ・・・・・・?」

「実は、なあ・・・・・・」

「へえ・・・・・・?」

「その、なあ・・・・・・」

と、尻毛の長右衛門が変に煮え切らないのだ

長い鼻の下を小指で撫でたり、さすったりしながら、上眼づかいに、半太郎の顔を見て、照れくさそうにしている

ついに、おもいきったかのように長右衛門が、

「わしは、もう五十二になってしまったが、三十余も年下の女を、女房にしては可笑しいかね?」

と、いったものである

半太郎は言下に、

「ちっとも可笑しいことはございませんよ」

と、こたえた

「そ、そうかい。ほんとうに、そうおもってくれるかい」

「へえ」

「今度のお盗めがすんだら、わしは、その女と夫婦になるつもりだよ」

「さようで・・・・・・」

と、布目の半太郎は長右衛門の盃へ酌をした。そのとき、半太郎も、

(よし、いまだ。いまがいい。いまなら、お頭も、きっと、おれとおすみのことをゆるしておくんなさるだろう)

とっさに決心して、酌をした銚子を置き、

「実は、私も・・・・・・」

いいかけようと口を開けるより早く、尻毛の長右衛門が、こういった

「なあ、布目の。その女というなあ、実は、引き込みのおすみなのだよ」

糸瓜顔を真赤にして、うつむいたまま語る尻毛の長右衛門の前で、半太郎は躰中の血がたちまちに冷えてゆくのを感じていた

そのとき、藤坂の重兵衛という中年の盗賊が顔を出さなかったら、半太郎は、どうやって、その場の自分をあつかったらよいのか途方に暮れたろう

「それでは、私は、これで・・・・・・」

うつむいたまま半太郎は、重兵衛に席をゆずり、階下へ降りて行った

その背中

「布目の。ありがとうよ」

何も知らぬ長右衛門の明るい声が追いかけてきた


そのころ

女密偵のおまさが、火盗改方役宅の門を入って行った

前夜、平蔵からたのまれた橋本屋の養明丹を届けに来たのである

「実は・・・・・・」

おまさがいうには、先刻、橋本屋の前まで来ると、台所へ通じる通路から下女がひとりあらわれ、どこかへ出て行った

「以前、その下女にそっくりな女を、私は知っておりました」

「ふうむ・・・・・・?」

「その女はお新という名前で、亭主の市之助は、私の死んだお父つぁんの友だちでございました」

「そやつも盗賊か?」

「はい、市之助は、もう亡くなっているはずでございます。女房のお新は、たしか・・・・・・たしか、尻毛の長右衛門のところで引き込みをしているはずなので・・・・・・」
「何、尻毛の長右衛門だと・・・・・・」


〔主な登場人物〕
Fvideo_ts_20130519_183401.474.jpg
長谷川平蔵(中村吉右衛門)

Fvideo_ts_20130519_184013.459.jpg
布目の半太郎(堤大二郎)

Fvideo_ts_20130519_190629.584.jpg
おすみ(水野真紀)

Fvideo_ts_20130519_184559.063.jpg
尻毛の長右衛門(小林昭二)

Fvideo_ts_20130519_191242.645.jpg
おまさ(梶芽衣子)

Fvideo_ts_20130519_183510.741.jpg
相模の彦十(江戸家猫八)

Fvideo_ts_20130519_185011.536.jpg
小房の粂八(蟹江敬三)

Fvideo_ts_20130519_185739.336.jpg
久栄(多岐川裕美)

塚原の元右衛門(穂高稔)
藤坂の重兵衛(伊吹聰太朗)
為七(奥久俊樹)


〔盗賊〕
・布目の伊助:半太郎の父親で、いまは亡き大盗・蓑火の喜之助の配下

・〔鷹田の平十〕:盗賊あがりの老口合人。半太郎を長右衛門に口ききした

・駒屋万吉:亡き蓑火の喜之助配下の盗賊。半太郎の父親とも仲がよく、蓑火のお頭が引退の折、一味の者たちへたっぷりと分けあたえた金で、故郷の上州へ帰り、妙義山で旅籠をはじめた


〔商家〕
・岩附屋新三郎方:神田鍋町の茶問屋。長右衛門一味が、一人の殺傷もせず、千八百七十余両を盗んで消えた。このときは、長谷川平蔵が懸命の探索にもかかわらず、尻毛一味は、まんまと江戸を抜け出してしまっている


料理帳・本〕
「五郎蔵、腹が空いているのではないか」
「いいえ、別に・・・・・・それよりも長谷川様。奥様のおかげんは、いかがなんでございます?」
「ありがとうよ。橋本屋の養明丹が効いたようだ。先刻、粥を二膳も食べてな」


〔料理帳・ドラマ
Fvideo_ts_20130519_185616.531.jpg
Fvideo_ts_20130519_185542.351.jpg
Fvideo_ts_20130519_185207.117.jpg
軍鶏の臓物鍋、彦十、おまさ、粂八、五鉄にて


〔ドラマでのアレンジ〕
ドラマではおまさに諭されたおすみが改心し、平蔵の計らいで、そのまま商家で働くことになる。
原作では口合人は鷹田の平十であるが、ドラマでは塚原の元右衛門となっている。

Fvideo_ts_20130519_192155.029.jpg

平蔵「いや、しかし、それにしても、若い女というものはずいぶんと思い切ったことをするものよのう」
久栄「若いおなごには誰しも、何をしでかすか知れない烈しいものがあるのではござりませぬか?ただ、それを表に出すかどうかの違いでござりましょう」
平蔵「ほう、ふたりとも思い当たる節がありそうだな」










ad080902_1.jpg
http://hine1118.blog55.fc2.com/blog-entry-203.html
nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

nice! 9

コメント 14

ミスカラス

告白[__揺れるハート]小学生の低学年の頃。。。同じ水野でも水野久美が好きでした。

へぇジャイアント・馬場と同郷で一緒のアパートに住んでたとか。馬場も元子夫人一筋ではなかったんだ。

http://youtu.be/j9ENoBLaO-M
by ミスカラス (2013-05-19 22:56) 

やまびこ

おすみは中々、隅に置けない女ですね。

横も上もない水野さんですが、
いやだ、もう・・・・・・こんなところで…
というセリフはピッタリくる女優さんです。
by やまびこ (2013-05-20 23:21) 

トライブレード

水野さんは和装が合いますね。

キレイなおねえさんでしたが、確かに体形が売りではなかったようですな。
by トライブレード (2013-05-21 10:57) 

ituki

まず、題からしてちょっとお下品な感じですわよね(笑)

でも、このお話は意外な展開と平蔵様の立ち回りがツボでした^^[ラブラブハート]

ドラマは、尻毛の長右衛門はおじいすぎるし、おすみは水野さんじゃー可愛すぎると思いませんか^^;?


by ituki (2013-05-25 01:21) 

くわっぱ

水野さんが初々しいですね[__わーい]
財前直美と出ていたスチュワーデス刑事シリーズが好きでした[__揺れるハート]
キレイなお姉さんシリーズ、またやらないのかな。
仲間由紀恵ちゃんにホレボレしてました[__かわいい]
by くわっぱ (2013-05-26 15:08) 

ひね

[晴れ]ミスカラスさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
水野久美さん、、、X星人ですね[!!]
今見るとそうでもないですが、、、当時はなんかエロかったなあ
あと、何故か『気になる嫁さん』で、榊原るみをいびる小姑役が印象に残ってます(笑)
by ひね (2013-05-26 19:49) 

ひね

[晴れ]やまびこさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
=====
いやだ、もう・・・・・・こんなところで…
=====
ぴったりくるけど、、、どんなシーンなんでしょうなあ(笑)

by ひね (2013-05-26 19:51) 

ひね

[晴れ]トライブレードさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
きれいなおねえさんですから、、、肉感的ではないほうが、、、
松嶋菜々子さんとか仲間由紀恵さんとかもそうだしねえ
by ひね (2013-05-26 19:55) 

ひね

[晴れ]itukiさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
尻毛なんでね、毛深そうな人に配役して欲しかったですねえ
今で言うと、石原良純あたりみたいな(笑)
きれいなおねえさんの水野さんを起用したので、最後は原作と違って、そのまま奉公を続けることが出来たみたいなことになったんでしょうね
by ひね (2013-05-26 20:04) 

ひね

[晴れ]くわっぱさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
スチュワーデス刑事懐かしいですなあ
もうひとりは木村佳乃だったんですね~
by ひね (2013-05-26 20:07) 

ひね

[晴れ]yukaさん
[晴れ]vegaさん
nice!ありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
by ひね (2013-05-26 20:08) 

neopon

おすみが誰なのかわくわくしながら読み進めましたが、(´・ω・`)ショボーンでした。
そんなことより、科特隊の隊長が盗賊の頭に成り下がってるとは。そっちの方がショックでした。まあ、ウルトラマンも悪役が多いですが。(笑)
by neopon (2013-05-26 21:14) 

ひね

[晴れ]neoponさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
(´・ω・`)ショボーンでしたか[しょぼ~ん]
科特隊の隊長か藤兵衛さんかは世代のわかれるところですな
帰ってきたウルトラマンも悪役が多い
by ひね (2013-06-09 17:42) 

ひね

[晴れ]実緒たん
nice!ありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
by ひね (2013-06-09 17:44) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。