So-net無料ブログ作成
検索選択

二つの顔 [鬼平]

平蔵が若いころには、このように素人女の世話を路上でもちかける、などということはなかった
世話をした女から、どれほどの割前を取るのか知らぬが、いま、これを稼業としている者を「阿呆烏」と隠語でよぶそうな


二つの顔〔ふたつのかお〕
初出掲載誌 『オール讀物』 昭和四十九年十月号
文春文庫 『鬼平犯科帳(十ニ)』
TV 第三シーズン61話『二つの顔』(92年3月25日放送)
脚本:安藤日出男
監督:高瀬昌弘


鬼平犯科帳〈12〉 (文春文庫)

鬼平犯科帳〈12〉 (文春文庫)

  • 作者: 池波 正太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 文庫



鬼平犯科帳 第3シリーズ《第13・14話収録》 [DVD]

鬼平犯科帳 第3シリーズ《第13・14話収録》 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD


〔本のおはなし〕
なまあたたかい晩春の夕暮れであった

それでいて微かな夕凪は冷んやりと肌にこころよく、この季節の夕暮れどきは、平蔵がもっとも好むところのものである

金杉から坂本を経て、平蔵は車坂へさしかかった

「もし・・・・・・ええ、御武家さま。もし・・・・・・もし・・・・・・」

右手に鬱蒼たる上野の杜をのぞむ車坂の道すじに、まだ人通りは絶えていない

いつの間にか平蔵の背後へ寄りそって来た男が、ささやくように声をかけて来たのだ

六十がらみの老顔が、夕闇の中で微笑している

白髪の小さな髷もきれいにしてあるし、細面の品のよい顔だちだが、ちょっと平蔵の目にも、

(このおやじ、何の稼業か・・・・・・?)

見当がつきかねた

筒袖の着物の上へ、盲縞の鯉口を羽織り、紺足袋に麻裏草履といういでたちである。どうにもちぐはぐな風体なのだが、この老爺にはぴたりとはまっている

「お側へ寄りましても、よろしゅうございましょうか?」

声音が、しわがれていてもやさしげなのだ

「あったかくなりましてございますねえ」

「花も散った。すぐに、夏よ」

いくぶん、平蔵から身を引くようにしながら歩調を合せ、

「どちらへ、お出かけでございます?」

「ぶらぶらと、な・・・・・・」

にんまりとして長谷川平蔵が、

「おやじ」

「へ・・・・・・」

「何か、おもしろいところでもあるのか?」

とりあえず、そう訊いて見た

得体の知れぬ相手ではあるが、前後の様子から、この問いかけがいちばん適当だとおもったまでだ

「御武家さまのような御方には、かえってめずらしいかと存じますので・・・・・・」

「ふむ・・・・・・」

「若い、みずみずしい、あまり男の手がかかっておりませぬ町娘でございますが・・・・・・」

「遊ばせると申す・・・・・・?」

平蔵も、これまでにずいぶんと、いろいろな体験をしているが、素人女を世話されようとしたのは、これがはじめてであった

「貧乏な職人のむすめなのでございますが、父親が重い病気にかかってしまいまして、どうにもなりませぬ。薬代ばかりか、一家四人が食べて行けぬことになりましたので、たまに、その、お客をとるのでございます。御親切な、口のお堅いお人柄とお見うけし、おすすめをするのでございますが、いかがでしょうか!?」

行く手に、山下の盛り場の灯火が明るい

「では、たのもうか」

と、平蔵がいった


上野山下から黒門口へ出た老爺は、長谷川平蔵の先に立ち、不忍池から下谷・三味線堀へながれ入る忍川にかかった御橋をわたり、右へ折れた

この道は、不忍池をのぞむ池ノ端仲町の裏通りである

「さ、こちらでございます」

細い路地口を入った突当りに、格子戸がはまってい、これを入ると、水を打った石畳の片隅に篠竹が植え込まれている

家の中は、おもいのほかに小ぎれいで、奥深かった

平蔵が通されたのは、二階の二間つづきの座敷だ

このときまで、家の中からはだれもあらわれず、老いた阿呆烏が自分の家のように平蔵を案内したのである

声をかけてから此処へ来るまでの間に、爺はすっかり、平蔵に気をゆるしてしまったらしい。にこにこと笑いながら座敷を出て行った

入れかわりに、五十前後の座敷女中が入って来て茶を出す。その茶をのみ終えたころに、酒肴を運んで来た

なかなか、手ぎわがよい

平蔵は、間(あい)の襖を開けて見た。奥の小座敷の、行燈の淡い灯影に、なまめかしい夜具が早くも敷きのべられてあった

平蔵が、にやりとした

(役宅のだれもかれも・・・・・・いや、久栄とて、いま、わしがこのようなところにいるとはおもうまい)

であった

やがて、

件の阿呆烏が小さな白髪頭をのぞかせ、

「よろしゅうございましょうか、むすめを、つれてまいりましたが・・・・・・」

と、いわれたときには、

「む・・・・・・」

さすがの長谷川平蔵が眼を伏せてしまい、照れくさそうにうなずいたのである

爺が、むすめを座敷へ押し入れるようにして、

「では、ごゆるりと・・・・・・」

襖を閉めて、去った

むすめは、両手をついて頭を伏せたまま、上げ得ない。古着を買って縫い直したらしい黄八丈を大柄な躰にまとい、髪もどうやらゆいあげてはいるが、しめている帯を何も、すべてがちぐはぐであった

しかし、ようやくに化粧の気もない顔をあげ、伏目がちに躰を堅くしている初々しさ、きっちりと合せたえりもとからのぞいている白い項(うなじ)から喉もとへかけて、いかにも、

「むすめむすめした・・・・・・」

凝脂が照っている

「これ、いくつになる」

「十七、でございます」

「名は?」

「あの・・・・・・おみよと申します」


半刻余がすぎ、長谷川平蔵がおみよの後から階下へ下りて行くと、先刻の女中が出て来て、頭を下げた、平蔵は酒肴の代を払い、

「おみよ、また、な・・・・・・」

路地を出て、池ノ端の闇へ消えて行った長谷川平蔵を見送ってから、

「さ、お前も、お帰り」

と、女中がいい、紙に包んだ金をわたした

夜に入ったばかりで、上野山下の灯火は、まだ明るい

ぶら提灯を片手に、急ぎ足で帰って行くおみよのうしろへ、いつの間にか長谷川平蔵があらわれ、後をつけはじめた

〔ひら井〕の女中は、おみよが出て行くと、すぐに階下の一間へ入った

そこに、これも五十がらみの男が酒肴の膳を前にして、煙草を吸っていた。小肥りの精悍な面構えなのだが、身なりは贅沢だ。物堅い商家のあるじというよりも、どこぞの料理茶屋のあるじのように見える

髭の剃りあとが青々としている男の上唇の中程が、まくれあがるように裂けていた。傷あとではない。先天的に裂けている、つまり〔兎唇(みつくち)〕なのであった

「ほんにまあ、あきれたものだよ。あんな小むすめがさ。顔中にべっとりと汗をかいているのだからね。よっぽど、いいおもちゃにされたのだろうが・・・・・・ふん、まんざらでもない顔つきで、客の顔を見ていやがるのだもの、あきれてしまうよ」

と、女中が男にいった

「あの、さむらいを、お前は何とおもう?」

「何と、おもうって・・・・・・何が・・・・・・?」

「おれにとっては、忘れようにも忘れられねえ面だ」

「だれなのだよ?」

「長谷川平蔵・・・・・・」

「げえっ・・・・・・」

女の手から、盃が膳の上へ音を立てて落ちた。。。


〔主な登場人物〕
Fvideo_ts_20130616_124710.979.jpg
長谷川平蔵(中村吉右衛門)

Fvideo_ts_20130616_130305.284.jpg
与平(花沢徳衛)

Fvideo_ts_20130616_132630.962.jpg
おはる(宮沢美保)

Fvideo_ts_20130616_130529.787.jpg
おろく(工藤明子)

Fvideo_ts_20130616_124956.104.jpg
神崎の倉治郎(田中浩)

Fvideo_ts_20130616_133154.289.jpg
夜ぎつねの富造(坂本長利)

Fvideo_ts_20130616_125940.657.jpg
久栄(多岐川裕美)

Fvideo_ts_20130616_130905.428.jpg
木村忠吾(尾美としのり)

Fvideo_ts_20130616_131407.508.jpg
伊三次(三浦浩一)


〔盗賊〕
・神崎の倉治郎:急ぎ盗めの盗賊。押し入って殺傷をし、金品を奪う畜生ばたらきゆえに、配下の盗賊も少なく、合わせて十五名


〔商家〕
・和泉屋:神田・昌平橋前の湯島三丁目代地にある古手呉服屋


〔料理帳・本〕
参詣をすませた富造夫婦が、一ノ鳥居の手前にある茶店へ入り、団子と渋茶で足を休めている前を、平蔵はゆっくりと通りぬけ、一ノ鳥居をくぐり、茶店の裏につないであった愛馬へまたがり、参道を遠ざかって行く
銀杏の落葉が一つ、平蔵の笠の上へ舞い下りて来て、そこにとまった


〔料理帳・ドラマ
Fvideo_ts_20130616_125417.187.jpg
近江やの羽衣煎餅、平蔵が久栄へのみやげに
Fvideo_ts_20130616_125545.454.jpg
久栄「おひとつどうぞ」
平蔵「お前も半分」
久栄「甘からず、辛からず、地は越後のとびきりのもち米。このやわらかな砂糖煎餅のお味は、到底、殿方にはわかりませぬ」
平蔵「ん、あっ、これはなるほど辛口の酒の肴にぴったりだなあ」


〔ドラマでのアレンジ〕
さすがにドラマでは、兎唇ではなく、もみあげのところに刀傷があると変わっている。原作では平蔵が腹痛の岸井左馬之助を見舞うが、ドラマでは風邪をひいた相模の彦十を見舞い、女難の相が顔に出ていると言われてしまう。また、おみよがドラマではおはるになっている。おはるを長屋から連れ出すのに、忠吾がとっさにしゃく(腹痛)を装うのはドラマオリジナル。


Fvideo_ts_20130616_133311.884.jpg

nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

nice! 9

コメント 15

ミスカラス

アルバトロス殺法とも呼ぶ。

http://youtu.be/Wz270haOHjY
by ミスカラス (2013-06-16 15:50) 

トライブレード

くだらない事かもしれませんが、最近は鬼平のような人が現代にこそ必要なんではないかと思えてきました。
役職的にも人柄的にも。
by トライブレード (2013-06-17 01:06) 

くわっぱ

羽衣煎餅。
名前だけで食べてみたくなります[__わーい][__ぴかぴか]
個人的には、「ぬれ煎餅」よりもパリッとした歯ごたえのあるお煎餅が好みです!
ううむ。
もち吉か、亀田製菓のお煎餅が食べたくなりました[__揺れるハート]
by くわっぱ (2013-06-17 12:41) 

ひね

[晴れ]ミスカラスさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
画像のリンクありがとうございます
でも、阿呆烏(あほうどり)ぢゃなくて、阿呆烏(あほうがらす)なんですよ[パー]
キラー・カーン、ザ・グレート・カブキ、ケンドー・ナガサキあたりが日本人中堅で米国でブレークしたベスト3ですかね
by ひね (2013-06-19 00:51) 

ひね

[晴れ]トライブレードさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
鬼平みたいに度量のある上司はなかなか現実の世界ではいないかも知れませんね
by ひね (2013-06-19 00:52) 

ひね

[晴れ]くわっぱさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
もち吉は福岡でないとわからないかもしれませんな
二○加煎餅のあるのが博多たい(笑)
by ひね (2013-06-19 00:55) 

ひね

[晴れ]実緒たん
nice!ありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
by ひね (2013-06-19 00:56) 

ituki

ひねさん、いい場面を抜いちゃいましたね~(笑)

ところで、二つの顔って兎唇の二人の男のことでしょうか?
(-ω-;)ウーン よくわかりましぇん[汗汗]
by ituki (2013-06-21 23:57) 

ミスカラス

アホカラスというリングネームも気に入りました。
ミスカラス名もようやく馴染んできたのですが、
アホカラスの覆面がねぇ・・山伏烏天狗のお面とかつけてMSGのリングに登場とか
by ミスカラス (2013-06-22 19:19) 

ひね

[晴れ]itukiさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
=====
いい場面を抜いちゃいましたね~(笑)
=====
ふっふっふっ

二つの顔はitukiさんの想像通り、兎唇の二人の男の顔のことですね~
by ひね (2013-06-23 09:49) 

ひね

[晴れ]ミスカラスさん
再びコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
アホカラス、なかなかいいリングネームですね~
素人の女マネージャーを従えて入場し、リングサイドの観客に斡旋してまわるとか(爆)
by ひね (2013-06-23 09:52) 

ひね

[晴れ]yukaさん
[晴れ]yamさん
nice!ありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
by ひね (2013-06-23 09:53) 

neopon

あれ?おまけが…[__もうやだ~]
by neopon (2013-06-29 23:03) 

ひね

[晴れ]neoponさん
nice!とコメントありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
鬼平は、基本はおまけはつかないですってばm9っ`Д´) ビシッ!!
by ひね (2013-07-15 11:31) 

ひね

[晴れ]ゆきママさん
nice!ありがとうございます[ニコニコ][チョキ]
by ひね (2013-07-15 11:32) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。